人呼んで日出ずる国ことわが国日本国はかなり教育が行き届いた国。

 

 日本で生まれた人は未就学児のうちに死にでもしない限り義務教育の小学校と中学校に行く。

 

 そこで何をするのかというと義務教育という勉強をつむ。

 

 義務だから確実にする。

 

 だから日本においては勉強という道は誰もが足を踏み入れる世界だ。

 

 だからその道で優れたものが高評価される。

 

 そのため、人は勉強に励む。

 

 が、それは人を学力、成績だけで評価するという傾向を生み出してしまった。

 

 特に今その真っ只中にいる学生にはその傾向が著しい。

 

 だが、人はけして学力、成績、学歴だけで測れるものではない。

 

 そのことはもうすでに先人たちが証明している。

 

 にもかかわらず偏差値でしか人を評価するものさしを持ち合わせていない人が多い。

 

 いい人、すごい人になるとは学力をよくする、成績を上げる、いい学校に行くことではない。

 

 まあ勉強は誰でもすることだから高評価されたければ一番手っ取り早い手段ではある。